フォトフェイシャル

シワやたるみのない、若々しい肌を目指す人にはフォトフェイシャルがおすすめです。フォトフェイシャルは美容皮膚科や美容外科クリニックで行うことができるものですが、医療行為となります。

医師がいないエステでは、フォトフェイシャルを行うことはできず、法律違反という形になってしまいます。シミを薄くすることや、小さくすることは、美白成分を配合した化粧品でも可能ですが、シミを全くなくすことは、家でのスキンケアではほぼ無理です。

シミやしわのないなめらかな肌になるためには、市販の化粧品よりも、フォトフェイシャルのほうが高い効果があります。目に見えた効果が期待できることもあり、フォトフェイシャルはとても人気がある施術でもあります。保険適用の範囲外になっているフォトフェイシャルはコストが高いことや、施設によって費用に違いが大きいというネックがあります。

シミやシワが改善できるメリットはありますが、考えられるデメリットとしては、少し痛みを感じることがある点です。人によってどのくらいの痛みを感じるかは違います。痛みといっても大したことはなかったという方もいるといいます。とはいえ、フォトフェイシャルで発生する痛みは、のたうち回るほどのひどい痛みになることはないようです。実際にフォトフェイシャルを受ける前には、お肌の状態に問題がないかを、皮膚科で診てもらってください。フォトフェイシャルがはじめての人は、医師のカウンセリングを受けることからはじめてみると良いでしょう。