ダイエット停滞期

ホメオスタシス

停滞期は、食事を減らしたり、体を動かしたりというダイエットをしていると起きることです。意気込んでダイエットをスタートさせても、停滞期に入って体重の減り具合が鈍化すると、モチベーションが一気に下がってしまいます。

ダイエットをスタートさせた直後は、体重の減少がはっきりと出やすいようです。食事量を減らしたり、運動量を増やしたりして、生活ががらりと変わるためです。停滞期とは、それまで着々と体重は減っていたのに、ほとんど減らなくなる時期です。それも、カロリー制限や、運動は変わらず実践しているのにもかかわらずです。停滞期に入ってしまうと、体重が落ちにくくなるどころか、まったく落ちないことなどもあります。

食事制限のつらさや、運動の苦しさは変わらないのにダイエットが進まないという状況が続くと、ダイエット自体をしたくなくなります。停滞期はダイエットがうまくいかないから起きることではなく、むしろ、ダイエットがきちんとできているからこそ、起きることだといえます。

人間の体にはホメオスタシスという機能があり、食事量が多くても少なくても、体温や体重を一定に保つことで健康を維持しようとします。食事の量は少なくても、体は少ない食事量で身体機能を一定に保とうと努力するので、食事制限によるダイエットは停滞期の影響を受けやすいようです。

ダイエットが長続きしないという人の多くは、停滞期とはどんなものか知らないことが多いようです。体がダイエットに慣れてきた証拠が停滞期であるので、この時期に運動をすることで筋肉が増加して、その分だけ脂肪が減りますが、体重は筋肉増加に伴って急激に減ることはなくなります。

ダイエットをしている時に、停滞期に入ったからといって、効果が乏しくなったと考える必要はありません。食事制限や、運動を続けることで、いずれまた体重は減少し始めます。